美術の先生がつくった作品展 Vol.8

ごあいさつ
 

 本日はご来場頂き、誠に感謝申し上げます。本展示会は、学校で美術を教えている先生たちがつくる作品展です。


 思えば、この数年で世の中がこのように激変するとは、誰も想像することができませんでした。人々の生活様式は変わり、人と人とのコミュニケーションの形も変化しました。それは、私達が勤める教育現場でも同じです。新しい時代に求められる「生きる力」を育むために、教師が一斉に教える講義形式の授業ではなく、児童・生徒・学生同士が密接に関わり、議論や発言、グループ活動等の授業へと移行しようとしている矢先の出来事でした。コロナ禍においては、その密接さが否定され、一昔前の授業へと逆戻りしたような感覚となったものです。ルールそのものが変貌していく様を体験する日々でした。

 しかし、コロナ禍の影響は、悲観する出来事ばかりではありませんでした。突然訪れた新しい価値観、新しい生活様式にも柔軟に対応できる、人間の豊かな創造性も浮き彫りになったのではないでしょうか。ないものは創る。変化を楽しむ。それまでの生活を見直す。制限の中で成り立つ仕組みを考える。

 美術教育で育まれる「想像力・創造力」というものは、数字等で明確に見えるものではないのかもしれません。しかし、このような激動の時代だからこそ、困難を柔軟に、そして創造的に乗り越えるために、このような力がますます必要になってくるのではないでしょうか?

 私達も、去年度は延期となった美術館での展示の代わりに、完全リモートで完成させたWEB上での展示会や、那覇OPAでの特設展示会などで、コロナ禍に対応してきました。このような状況の中、学校現場で実際に美術を教えている「美術の先生」たちは、今、何を考え、何を感じながら児童生徒、そして学生と向き合っているのでしょうか? きっと、美術の先生にしか見えない世界があるはずです。

 皆様には、本展示会を通して「美術の先生」の芸術家としての一面や、「美術の先生」ならではの考え方、感じ方を楽しんで頂きたいと考えております。様々な価値観や感性が響き合う様子をぜひご覧ください。


美術の先生がつくった作品展 実行委員会


 


Welcome

Thank you very much for visiting [美術の先生がつくった作品展-Works by Art teachers]. This exhibition feature works by art teachers of Okinawa.


The pandemic has unexpectedly and drastically transformed life as we know it. This transformation of lifestyle to maintain the health and safety of individuals and society subsequently changed the way humans interact and communicate with each other, which are the essences of social dynamics. Educational institutions such as daycare centers, schools, and universities were not exempt from this change.


In recent years, the Japanese educational system has been transitioning from the post-war pedagogy of “lecture style” education to a method that promotes critical and creative thinking by increasing the opportunities for discussions and collaborations among students, thereby encouraging more meaningful interaction with others. However, the new health and safety paradigm significantly pushed our effort and progress backward, giving an impression of stillness as each teacher observed daily changes of rules and regulations and backpedaled to safety.


The Covid 19 also brought positive discoveries. To adapt to such a transformation of the society, the sense of creativity and flexibility became more apparent as vital ingredients for progress that allow us to make what we do not have, learn to enjoy the changes, reevaluate the norm, and accomplish the tasks under restrictions. Art education nurtures creativity and imagination, which are difficult to quantify and assess under ordinary conditions.  However, life under the COVID 19 reassured us that these abilities and qualities are essential in adapting, adjusting, and enriching our life.


This exhibition has also gone through many transformations. We have organized a web-based online exhibition and a special event at Naha OPA in the past year. Through these exhibitions, we showcased thoughts and visions of art teaches as artists who are usually known only as teachers. We cultivate unique perspectives and sensitivities from daily interactions with students, which we hope to communicate through our work of art. We also hope that by bringing many of us together as a single comprehensive exhibition, the sense of resonance between our works creates a more extensive and diverse, and enjoyable experience.


 The organization committee
美術の先生がつくった作品展実行委員会